top of page

ひな祭りの直書き御朱印

ご朱印帳を事前預かり、後日のお渡しになります。

令和5年2月1日から2月19日の午前9時から午後4時30分まで受付


※直接お越しの方へ

上記の受付日時に寺務所窓口にご朱印帳を持ってお越しください。

窓口にて、申込用紙記入後、ご朱印代をお納めください。完成後、聞いていた携帯の電話に着信のみ残しますので、それを見て2週間以内にお越しください。

難しい場合は、住所など記入した返信用レターパックなど準備して、そのときにお渡しください。完成できる目安は、お預かりして1週間以内を目標としています。


※郵送のみの事前預かりとお渡しもします。

郵送だけの対応のみ 受付期間は本日〜令和5年2月19日まで受付します。受付期間以外はお受けできません。現金書留にてご朱印帳と御朱印代と返信用のレターパックなど同封して頂き、お寺まで送ってください。完成後、お届けします。


御朱印代 1000円(先にお納め頂きます) 日付は完成した日付になります(ご指定はできません)

手書きになりますので、見本と多少異なります。




次回は、令和5年4月9日13時から14時まである花まつり法要参加される方のみ限定の直書き御朱印を予定してます。前もってご朱印帳を事前預かりします。お渡しは法要参加して頂き、終了後お渡しになります。

詳細はまた3月に入ってお知らせします。



最新記事

すべて表示

都七福神草創六百年記念事業 金印の授与 日本最古都七福神は草創以来六百年を迎えます。 七福神信仰は室町時代に民間の信仰として七社寺を参詣し、各福神よりそれぞれの御利益をいただくとされました。 それぞれ七社寺の異なる御利益の巡拝は当時より多くの民衆に信仰されました。 現在においても御利益を求め多くの方々がお参りいただいております。 令和5年1月7日より毎月7日に授与いたします。 月の七日は七福神と昔

bottom of page